Poppin' Lovin'

音楽を聴いて感じたことや好きな曲について語るブログです。J-POPを中心に今日の1曲、今週の1枚を書いていきます。寝ても覚めてもポップスが好き。

Nobody's fault/櫻坂46【今日の1曲】

2020年10月13日、忘れられない『欅坂46 THE LAST LIVE』でサプライズ初公開された、櫻坂46の始まりの1曲。

11月11日にMV公開、12月9日CD&配信リリース。

  • 作詞:秋元康さん
  • 作曲:デレク・ターナーさん
  • 編曲:野中“まさ”雄一さん(AKB48グループを最も多く手掛けるアレンジャー)
  • <センター>森田ひかるさん


櫻坂46 『Nobody's fault』

デレク・ターナーさんが気になりますね。

とにかくイントロがかっこよくてぐんぐん惹きこまれる魅力のある楽曲です。
儚い強さとやわらかい美しさが混ざり合ったような雰囲気。
森田ひかるちゃんの歌いだしがたまりません。

「自惚れてんじゃねえよ」


新潟県の佐渡島で撮影されたMVを観てからは、また違った印象があり。
空が明けていく感じや、夜明けのような新しい幕開けを予感させます。
なんせどっしりとしたサウンドで地に足の着いた感じが本当にかっこいい。

3:00付近の次世代にバトンを繋いだような、菅井さんの夏鈴ちゃんへの力強い励ましのようなシーンもまた感慨深い。

波風に負けない強い信念を持ち、全員で一丸となって立ち向かう威風堂々な櫻坂の姿がそこにある。

ラストの櫻が舞う中で坂道を駆け上がるメンバーも、もがきながらともに戦ってきた仲間の絆や、これからの門出を表しているようで美しい。

本当に力強くて元気になれる。

誰のせいでもない、勇気をくれる一曲です。