Poppin' Lovin'

音楽を聴いて感じたことや好きな曲について語るブログです。J-POPを中心に今日の1曲、今週の1枚を書いていきます。寝ても覚めてもポップスが好き。

2020年の音楽(邦楽)マイベストソング

2021年になりました。新年おめでとうございます。

昨年にアップするつもりが、年が明けての投稿に。

2020年はサブスクシーンを中心にしながら、SNSやYouTubeを通してみんなで一緒に楽しめるような曲だったり、多くのカバー曲も話題になった一年だったなと思います。

曲の感想も文章として残したいなと思い、2020年のJ-POP、邦楽のマイベストを独断と主観で選曲しました。

よかったら気軽に読んでいってくださいね。

(順番に特に意味はなく、アーティスト名の五十音順に記載しています。)

続きを読む

シングル『Nobody's fault』/櫻坂46【今週の1枚】

2020年12月9日にリリースされた、櫻坂46の1stシングル『Nobody's fault』。

恋愛のテーマをメインに、欅坂46の良さを受け継いだ芯の通った安心感と可憐な魅力。新しい風が吹いてくるような美しく力強いその内容にフィーチャーしていきます。

<形態別の収録曲>(※サブスクリプションのSpecial Editionは全曲収録)

  • 共通:『Nobody's fault』『なぜ 恋をして来なかったんだろう?』
  • TYPE-A:『半信半疑』
  • TYPE-B:『Plastic regret』
  • TYPE-C:『最終の地下鉄に乗って』
  • TYPE-D:『Buddies』
  • 通常盤:『ブルームーンキス』


欅坂46からの改名を経て、再始動した櫻坂46。

デビューシングルとなった『Nobody's fault』は7曲どれも違う良さがあって、たくさんの魅力を楽しめる1枚です。

何がすごいって、いち早く披露された『Nobody's fault』はもちろん、MVがYouTubeで公開されている『なぜ 恋をして来なかったんだろう?』『Buddies』を筆頭に、カップリングのどの曲も、表題曲と感じるほどのクオリティ。

櫻坂46になってソロパートが多くなり、一人ひとりの歌声が際立っている印象がするのも嬉しいところです。

恋愛の曲では、恋模様と明るい未来が可憐に咲き乱れる『なぜ 恋をして来なかったんだろう?』、駆け引きの心情が浮かんでくる歌謡テイストの『半信半疑』、無機質な後悔を歌ったエレクトロポップ『Plastic regret』、美メロに乗せて恋の高鳴りを描いた『ブルームーンキス』。

大人っぽく自立した女性像とかわいらしさのバランス感が印象的で。
いずれも秋元康さんプロデュースの大所帯グループの中では、等身大よりも少し上の年齢層を意識したような新鮮な視点に感じました。

全体的に「恋愛」のイメージを押し出しているように感じられるけど、やはりそうでない楽曲も最高で。

決意や希望を歌った『Nobody's fault』『Buddies』『最終の地下鉄に乗って』。個人的には特にこの3曲推しです!

ノバフォのような現実を受け入れつつも立ち向かっていく姿勢、もうダメだというときに受け止めてくれるような『Buddies』の包容力、リスナーの心情に寄りそい、日々を後押ししてくれる『最終の地下鉄に乗って』。

どのナンバーも多面的に生きる希望を与えてくれる力強い楽曲です。

いい作品を作りたいと一貫してこだわっている櫻坂のメンバーの意気込みをとても強く感じられる1枚。

もちろん、これまでのイメージとは少し変わった楽曲そのものが素晴らしい中でも、新しい風を吹かせたメンバー自身の魅力がたくさん表現されているのが嬉しくて。

櫻エイトのシステムをこれからどう活かしていくのかも気になりますね。

メンバー一丸となって全員で輝こうとする未来に向かって。ともに進まずにはいられなくなる最高のデビューシングルです。

 

Buddies/櫻坂46【今日の1曲】

櫻坂46、1stシングル『Nobody's fault』のTYPE-D収録曲。解き放たれるような開放感。個人的に収録曲の中でも一番好きな歌です。

11月27日にMV公開、12月9日CD&配信リリース。

  • 作詞:秋元康さん
  • 作曲・編曲:中村泰輔さん*1
  • <センター>山崎天さん(崎は正式には「たつさき」)


櫻坂46 『Buddies』

YO!のフレーズが印象的で大きい。
壮大なサウンドに乗って、まっすぐで晴れやかなメンバーのみなさんの歌声が清々しい。

歌詞にも出てくるのですが、聴いていて穏やかになれるようなやわらかく包み込んでくれる雰囲気の曲です。

みいちゃんこと小池美波さんの英語フレーズが個人的にキュンときます。

終始晴れやかな表情で笑顔も素敵なメンバーのみなさんが美しくて。

MVでの前半の天ちゃんと齋藤冬優花さんのタッグ部分、中盤のゆっかーこと菅井友香さんと田村保乃ちゃんの肩組みシーンも最高!

何より一人ひとりの歌声が際立った歌割りもたくさんの色を感じられて。

躍動感にあふれた天ちゃんの堂々としたパフォーマンス、後半のメンバーがお互いに思いあっているような振付にも目頭が熱くなります。

何をするにしても心持ちは大きいもの。
これまでの経験を胸に、新しい気持ちで走り始める彼女たちの姿勢にも後押しされるように感じました。

「自由への旅立ち」

つらいことがあったり、どうしても崩れそうなときは『Buddies』を聴いてみてほしい。
力の入りすぎた心をきっと楽にしてくれると思います。

*1:ファレル・ウィリアムスと楽曲をリリースしたシンガーであり姉のManamiさんの楽曲を担当。欅坂46のグループ内ユニット、ゆいちゃんずの『渋谷川』やLittle Glee Monsterの『My Brand New Day』、乃木坂46の『アナスターシャ』などを手掛けている。聴いたあとに幸せな気持ちになれるような曲が多い印象。

Nobody's fault/櫻坂46【今日の1曲】

2020年10月13日、忘れられない『欅坂46 THE LAST LIVE』でサプライズ初公開された、櫻坂46の始まりの1曲。

11月11日にMV公開、12月9日CD&配信リリース。

  • 作詞:秋元康さん
  • 作曲:デレク・ターナーさん
  • 編曲:野中“まさ”雄一さん(AKB48グループを最も多く手掛けるアレンジャー)
  • <センター>森田ひかるさん


櫻坂46 『Nobody's fault』

デレク・ターナーさんが気になりますね。

とにかくイントロがかっこよくてぐんぐん惹きこまれる魅力のある楽曲です。
儚い強さとやわらかい美しさが混ざり合ったような雰囲気。
森田ひかるちゃんの歌いだしがたまりません。

「自惚れてんじゃねえよ」


新潟県の佐渡島で撮影されたMVを観てからは、また違った印象があり。
空が明けていく感じや、夜明けのような新しい幕開けを予感させます。
なんせどっしりとしたサウンドで地に足の着いた感じが本当にかっこいい。

3:00付近の次世代にバトンを繋いだような、菅井さんの夏鈴ちゃんへの力強い励ましのようなシーンもまた感慨深い。

波風に負けない強い信念を持ち、全員で一丸となって立ち向かう威風堂々な櫻坂の姿がそこにある。

ラストの櫻が舞う中で坂道を駆け上がるメンバーも、もがきながらともに戦ってきた仲間の絆や、これからの門出を表しているようで美しい。

本当に力強くて元気になれる。

誰のせいでもない、勇気をくれる一曲です。

櫻坂46 デビューカウントダウンライブ ライブレポ 2020.12.08

 

櫻坂46 デビューカウントダウンライブ 映画館スクリーン前ポスター

櫻坂46 デビューカウントダウンライブ 映画館スクリーン前ポスター

櫻坂46のデビューカウントダウンライブを見てきました。

欅坂46としてのLAST LIVEから約2か月。この日をドキドキワクワクしながら待っていました。そこさくでのおちゃめな雰囲気や、順次解禁されていった楽曲からも気分が高まっていて。

会場が欅坂46のデビュー前にカウントダウンライブを行った東京国際フォーラムのホールAなのもまた意義深い。

観終わって感じたことはいろいろな思いが湧き上がってきて、うまく言葉では表せないけどとにかく幸せな感情、晴れやかな気持ちに包まれるライブだったように感じました。

メンバーのみんなの表情、弾ける笑顔が印象的。

とても素敵なライブでした。

 

Letter & Blooming Movie~Overture~

ラストライブの最後のあいさつから始まり、森田ひかるさんのナレーション映像に。

まるで友達に話しかけるようなあたたかいメッセージがしみ込んできました。

シングル『Nobody’s fault』に収録されている計7曲を披露。

事前にレコメンやこち星などで耳にしていた印象ではどの曲もタイプの違う新しい魅力が感じられる楽曲で。

メンバーの表現が重なってどんな世界が花開くのか期待が高まる一方でした。

櫻坂46としても圧倒的な表現力、ダンスパフォーマンスに加えて、解き放たれたような自由さ。すべてがまぶしく輝いて見えた時間。

ライブの入りとして定番であるovertureの新バージョンは、花びらが舞い踊る映像に乗ってとても華やかに。このシーンが一番興奮したかもしれません!それくらいかっこいい演出、映像で衝撃的でした。

ライブ本編は櫻エイトでもある、森田ひかるさん、藤吉夏鈴さん、山崎天さん(*崎はたつさき)それぞれがセンターをつとめる楽曲をブロックごとに披露していくスタイル。

 

森田ひかるさんセンター曲

最初はるんちゃんこと森田ひかるさんの表題曲『Nobody’s fault』

現実を受け入れつつも「誰のせいでもない」と一歩踏み出す歌。地に足のついた感じがより増してかっこよかった。

『ブルームーンキス』は今までになかったような妖艶さが漂う雰囲気を感じて。

曲だけ聴くと美メロな第一印象が好みだったけど、パフォーマンスを見てまた印象が変わりました。

やっぱりるんちゃんの「あ、キスしちゃった」「あ、こんなに好き」のフレーズが印象的で、手を左右にフリフリしながら顔を前に出すペンギンのような振付とのキュートさとのギャップも面白かったです。

終わってからあのフレーズよかったな~!と盛り上がってる人もいました。櫻坂だから見られた新境地なんだろうなあ。

『最終の地下鉄に乗って』は初めて聴いたときから大好きな曲で。

もしかしたら根っことしてはけやきの世界観に近い曲なのかもしれないですね。背中を押してくれるようなやわらかい空気に包まれる1曲。ラストのほのちゃん(田村保乃さん)とるんちゃんの手を繋ぐシーンにグッときました。

 

藤吉夏鈴さんセンター曲

るんちゃんのパートが終わるとダンストラックに。

あまりにもかっこいい演出とキレキレな舞いにシビれてシビれて。なんとなく「なぜ恋」に繋がるような気がしてたのだけど、実際は『Plastic regret』へ。

自分のことなのに、距離を置いたような客観的な視点が不思議と新鮮に感じた。

MCで「恋愛の曲だと思うけど、私はそうじゃない解釈をしました。みんなも自分なりの解釈を楽しんでみてください」と話していた『なぜ 恋をして来なかったんだろう?』

もう、最高 of 最高でしたよ!!本当に。空気を一変するような夏鈴ちゃんの楽しそうでキラキラした表情。とっても素敵だったなあ。

そしてみいちゃんこと小池美波さんの「微笑み返してあげる」にやられた。

次のダンストラックはふーちゃんこと齋藤冬優花さんを中心に、新二期生も一緒に明るい雰囲気を作り上げた素敵な時間。後半に齋藤冬優花さんのギアが上がるところと、観客も参加している(アーチをくぐる)ような演出が楽しかったです。

 

山崎天さんセンター曲

続く天ちゃんのセンター曲。『半信半疑』から堂々とした立ち振る舞い、しっかりしたMCでグループ最年少とは思えないほど。

「仲間や絆の大切さを教えてくれた」と晴れやかに話す姿。

「いろいろな解釈をしてほしい」と披露された『Buddies』は今まで見たことのないようなクリアな情景が浮かんできました。

立ちはだかる困難。日々の悩み。広い世界の中で立ち上がる勇気と新しい希望をくれる1曲。キラキラとメンバー全員がそれぞれの色で輝いていてあまりにも感無量でした。

肩を組んだシーンもグッときたなあ。

 

メッセージ

収録曲を全曲披露した後は、*メンバーからの一人ずつのメッセージが。

特にゆいぽんこと小林由依さんの「絶対幸せにします」って言葉と、みいちゃんの「景色を共有できたり、心が温かくなるような愛があふれたものを届けていきたい」という話が心に残りました。

そして最後の最後にサプライズで書き下ろした『櫻坂の詩』!

欅ポーズから変化した櫻ポーズで左右に手を振る光景。また直接会場で共有できる日が楽しみです。

階段にはけてカメラ目線でバイバイするとき。みいちゃんがほのちゃんの手を引いて二人でポーズしてた(たしか)の微笑ましかったな。

*モデルプレスさんのメッセージ詳細記事すごい。

 

満開に咲き誇る晴れやかな櫻坂46

観終わった後の多幸感たるや!

一人ひとり違って、みんないい。そんな風に感じるライブでした。

「ああ、いいなあ。素敵だなあ」って瞬間がたくさんあって。とにかく晴れやかな気持ちになりました!

新しい始まり。ゆっかーの言葉のようにこれからも末長く、櫻坂のみんなと一緒に歩いていきたいな。

そして本日12月9日。デビューおめでとうございます✨

 

<セットリスト>

Overture
1. Nobody’s fault
森田さんMC
2. ブルームーンキス
3. 最終の地下鉄に乗って
ダンストラック
4. Plastic regret
藤吉さんMC
5. なぜ 恋をして来なかったんだろう?
ダンストラック
6. 半信半疑
山﨑さんMC
7. Buddies

MC(全員)
8. 櫻坂の詩

 

グッズ

Nice to meet you.

はじめまして。ほっぷです。

大好きな音楽を聴いて感じたことを残したり、いい曲をたくさんの人に知ってほしい思いでブログを開設しました。

ジャンル問わずに何でも聞きますが、根っこにPOPを感じられるものが特に大好きです。もともと狭く深くなタイプだったけれど、幅を広がりんぐなこの頃。

記事は主に邦楽メインで書いていきます。一日一曲レビューや、一週一枚のおすすめアルバムの紹介を中心にポップス愛を。

音楽好きなみなさんとたくさん語りたいです。

結構へにょへにょなのでゆるく楽しんでもらえたら嬉しいです。

よろしくお願いします!